バストアップでいつまでも美しく

知ってるだけで差がつく産後のバストケア

妊娠が分かってからどんどんバストがサイズアップし、人生最大サイズになって嬉しい!なんて話をよく聞きますが、産後や授乳が終わってからというもの、そのバストはどんどん縮み、垂れ、最悪妊娠前よりもサイズダウンすることもあります。

産後は、体力の消耗が激しいうえに授乳やおむつ替え、通常の家事に追われなかなかバストケアのことまで考えられないかもしれません。しかし、それを実行するかどうかでかなり差が出てきます。ここでは育児の合間をぬって簡単にできるバストケアをいくつか紹介したいと思います。

  1. お風呂上りに肌の保湿&マッサージをしっかりして皮膚のしわ予防をしましょう。母乳をあげている方は赤ちゃんが舐めても大丈夫なクリームを使用してください。
  2. 正しい姿勢を心がけ背筋を伸ばしましょう。猫背だとバストが垂れやすく、血行やリンパの流れも悪くなります。
  3. 肩甲骨をほぐしましょう。肩甲骨が凝っていると血行やリンパの流れが悪くなり、代謝も悪くなります。
  4. バストアップのツボを押しましょう。左右の乳首を結んだ線の真ん中にある『だん中』というつぼを気づいたときに押しましょう。

これらのことを毎日行うだけでもかなりの効果が得られると思います。体力が回復して余裕が出てきたら、エクササイズや筋トレなどを無理のないよう、徐々に取り入れていきましょう。もちろん栄養バランスの取れた食事や睡眠もバストの為に大切ですので心がけましょう。

↑go to top