バストアップでいつまでも美しく

バストアップは体重とのバランスにもよる

女性にとってバストサイズは一生ついてまわる話です。遺伝なども関係しているとは言われますが、正直なところ自分がどのバストサイズになるのかはまったくの不確定要素とも言えます。成長期である10代のころは誰でもドキドキハラハラしたことと思います。

大きい胸に悩む人、小さい人に悩む人もいれば、自分のバストサイズは適正だと思っている運のいい人もいます。そのあたりの判断は個人によりけりですが、バストサイズに適正というものがあるとすればどのくらいが目安になるのでしょうか。

基本的に、バストサイズは乳腺の形や発達の度合いで決まります。乳腺は赤ちゃんに授乳する際に大切になるもので、女性ホルモンが活発に働くとどんどん発達していきます。

バストはこの乳腺を核として、あとの9割は脂肪からできています。9割が脂肪ですから、豊満な人ほどバストサイズが大きめなのは当たり前のことです。一般に、激しい運動などで体に大きな負荷をかけず、ゆったりとストレスのない生活をしているとバストサイズはCカップくらいまでは発達すると言われています。

大きい胸を小さくすることは難しいのですが、胸が小さくて悩んでいる人向けに、最近はバストアップ効果の期待できるサプリメントも色々あります。しかし体重とのバランスを考えると、やせ形の人がCカップ以上になるとやや脂肪過多とも考えられ、体に少し無理もかかってくるのでバストアップは自分の体型や体重を考慮しながらチャレンジすることです。

↑go to top