バストアップでいつまでも美しく

卒乳後のバストアップ

妊娠するとバストに変化が現れます。以前より張った感じになり、見た目にわかるくらい大きくなります。出産後も授乳により女性の脳からはプロラクチン、オキシトシンといわれるホルモンが分泌され乳腺が著しく発達しますのでバストが大きく膨らみます。パンパンにはったバストは上を向き、女性にとっては嬉しい限りの変化ですね。見たこともない自分のバストに思わずうっとりなんてこともあるでしょう。

しかしこのバスト、悲しいことに期間限定のバストなのです。赤ちゃんがおっぱいを必要としなくなり、卒乳を迎えたとたん、ママの体はおっぱいを作り出すことをやめてしまいます。その結果、発達していた乳腺はしぼみ、乳腺周りの脂肪も著しく減少してしまうのです。多少の個人差はありますが、授乳中パンパンに張っていたバストがしぼんでしまい、その分の皮が余ってしまいますので、バストが垂れてしまい悲しいくらい貧相なバストになりショックを受ける人が多いのです。

しかし、まだまだ女性として輝きたいというのが本音ですよね。あきらめる必要はありません。卒乳後のバストは、毎日の特別なケアが必要です。オイルやクリームを使ったマッサージや、バストアップのカギを握る大胸筋を鍛える筋力トレーニングを行うことが重要です。また就寝時には、専用のブラをつけて眠ることも美しいバストを取り戻すお手伝いをしてくれます。しかし、それだけでは不十分ですので、バストアップサプリなども併用することをおすすめします。

↑go to top