バストアップでいつまでも美しく

美乳と睡眠の関係

女性のシンボル的な存在の「バスト」女性であれば誰しも美乳に憧れます。美しいバストは女性にとって永遠のテーマです。今回は睡眠とバストアップの関係について解説します。

バストアップに女性ホルモンが大きく影響していることは多くの女性が認識していることではあります。女性ホルモンは初潮を迎える時期から25歳頃をピークに活発に働き始めます。日々の時間帯で示すと22時~2時の間は成長ホルモン、女性ホルモンの分泌が活発になる「ゴールデンタイム」の時間帯といわれています。そのためゴールデンタイムには就寝していることが望ましいといわれています。前述で解説した通り25歳頃まで活発に分泌を繰り返します。この時期にしっかり睡眠がとれていないと女性ホルモン量が少なくバストが発育しない原因にも繋がります。このホルモンのゴールデンタイムは年齢に関係なく40代50代の方でも若さを保持するためには、この時間帯には就寝していることが望ましいといわれています。

そして、就寝時には美しい胸を作るために「ナイトブラ」を装着することで寝返りをうった際などにも大きく胸が動かせられないので効果的です。また、寝ている姿勢の状態ではバストに対して重力がかかり起きている時と全く異なるためナイトブラを装着することで美乳を保つことが期待できるのです。ただ、寝方もバストを押しつぶすようなかっこや横向きなどではなく、仰向けで寝ることが好ましいですね。ナイトブラの装着は胸の形崩れなどを防ぐ効果があるのでおすすめですが、睡眠時に装着するブラは「睡眠ブラ」を装着してください。

↑go to top